TOEFL徹底攻略ガイド|申し込みから効果的な勉強法|スコアレベルアップを目指そう

法人企業向け講師派遣 英語・英会話

TOEFL攻略方法(テストを始める前に)

TOEFLのテストスタイルを把握しよう!

TOEFLは外国人(Non-U.S.citizen)の主に北米大学、大学院などに入学できるだけの英語力をはかる目的で作られたテストです。
Reading、Listening、Speaking、Writingの4セクションで構成されており、内容はほどんどがアカデミックなもの(歴史、地理、哲学など幅広い)。
まずは、模擬試験が入った参考書などで練習し、テストスタイルを掴もう。

現在はiBT(Internet Based Test)のみが受験可能です。
コンピュータによるテストで、指示、内容はすべて英語です。
英語がある程度理解できる方でも初回は戸惑います。
あらかじめ、テスト形式に慣れておくことで当日は少しは落ち着いてできると思います。

TOEFLテストに関する詳しい情報は、TOEFL公式ページから得られます。

目標スコアを確認しよう!

自分はいったい何点取ればいいのか?大学、大学院など自分の希望校が定める必要スコアを確認しよう。
大学のホームページから確認できます。(通常、ホームページ上のAdmissions→International students→Requirementsと見ていくと必要なTOEFLスコアが記載されています。)

現状を知ろう!

目標スコアまでの道のりを把握するためにも、まずは現スコアを把握しましょう!入学時期(また願書の送付時期)を決める目安にもなります。
早い時期(留学を決めた時点で受験申込み)での受験をオススメします。
それは、現状を知るだけでなく、実際のTOEFL勉強の参考にもなるからです。

達成期限=願書送付時期を決めよう!

目標スコアを確認し、現スコアがわかったら、あとは目標スコアの達成時期=志望大学への願書送付時期を決めましょう。
TOEFLはTOEICほど受験地が豊富でないため、満席になることもしばしば。
ホームページでテストスケジュールを頻繁に確認し、受験日程も決めよう(3~4ヶ月先のスケジュールが確認できます)。

TOEFLサイトから受験申込みができます。

BABY STEP法則

つぎは、達成までの目標をさらに短いスパンでミニ目標スコア計画を立てよう。
このBABY STEP法則を使ってミニ目標を立てれば目標達成を味わう回数が増えて、モチベーションをキープしやすいから効果的です。

例)
10月の現スコアが30で、目標スコアが61の場合、11月の目標スコアを40、1月の目標スコアを50、3月の目標スコアを61という具合に、短いスパンで目標を立てます。

 

TOEFLの出題形式

TOEFL iBTはインターネットを介し、指示、問題等全て英語で実施されます。
TOEFL iBTの問題はリーデイング(Reading)、リスニング(Listening)、スピーキング(Speaking)、ライテイング(Writing)セクションの4つのセクションから構成され、所要時間は約4時間30分です。

TOEFL iBTテストのセクション

セクション 制限時間 設問数 課題
リーデイング(Reading) 60~80 分 36~56 問 学術的な文章の抜粋を 3 または 4 パッセージ読んで質問に答える
リスニング(Listening) 60~90 分 34~51 問 講義、授業中の討論、会話を聴いた後に質問に答える
休憩 10 分
スピーキング(Speaking) 20 分 6 問 身近なトピックについて意見を述べる。読んだり聞いたりした内容を基に話す。
ライティング(Writing) 50 分 2 問 読んだり聞いたりした内容を基にエッセイ形式の答案を書く。意見を支持する文章を書く。

TOEFLスコアのセクション別内訳

リーデイング(Reading) 0~30点
リスニング(Listening) 0~30点
スピーキング(Speaking) 0~30点
ライティング(Writing) 0~30点
合計 0~120点

必要スコアの目安

大学:60~100点
大学院:80~100点
※トップクラスの学校でのMBAの場合は100点以上必要。

TOEFLセクション別攻略ポイント

TOEFL全体

 

  • コンピューターに使い慣れる コンピューターに使い慣れている方が多いかと思いますが、テストとなると別。スクリーン上の長文を読んで、解答もクリック。
    エッセイは英文タイプ。まずはコンピューターに使い慣れることで本番スムーズに進められます。
  • コンピューターに使い慣れる コンピューターに使い慣れている方が多いかと思いますが、テストとなると別。スクリーン上の長文を読んで、解答もクリック。 エッセイは英文タイプ。まずはコンピューターに使い慣れることで本番スムーズに進められます。
  • テスト形式に慣れる テストは指示語など全て英語で行われます。 模擬試験を受けておくなどしてテスト形式に慣れておくことで、当日安心して進められます。
  • 語彙力の強化。 TOEFLの問題は、全セクションにおいて語彙力が鍵となります。アカデミックな内容のため聞いたこともない単語(例:光合成、冬眠、等)が多々見られます。 まずはTOEFL用単語集で、基礎的な単語をおさえましょう。
  • 体調管理 当たり前のことですが、4時間30分ものテストを集中して受けるためには、万全の体調管理が必須です。

Reading(TOEFLリーディングセクション攻略法)

1パッセージにつき12~13設問。
内容は、科学、歴史~社会学まで様々な学問分野。
【攻略法】
パッセージ数はTOEIC等に比べると少ないですが、とても長いため、長いものを読むことに慣れることが必須。多読をおススメします。
そして、まずは設問を読み、その解答に必要な部分のみ読むこと。3~4段落くらいあるパッセージに12~13設問を、20分で解くには読みふける時間はありません。

Listening(TOEFLリスニングセクション攻略法)

1リスニングにより設問数は様々。(1つにつき約5設問)

内容を聞いてから、設問がみられるスタイル。
講義、ディスカッション、学生同士の会話等。
※2013 年 3 月~北米英語以外に、英国、ニュージーランド、オーストラリアのネイティブスピーカーによる英語が追加。
【攻略法】
目的は、大学(大学院)での授業についていけるのか?を確認することなので、全てを完璧に聞くのではなく、必要なポイントを押さえる聞き方を身につけること。

  • 転換語に集中:for example, howeverなど、次にどんなことを話すかを示す言葉。この言葉の後が設問に出ることが多いので集中して聞きたいところ。
  • 教授が繰り返す内容:繰り返し言っている内容は重要なのでほぼ設問にでることが多い。

 

Speaking(TOEFLスピーキングセクション攻略法)

個人的意見を述べる問題、講義や学生同士の会話を聞き、設問に答える問題、短いパッセージと講義を聞いて答える問題。
※2013 年 3 月~北米英語以外に、英国、ニュージーランド、オーストラリアのネイティブ スピーカーによる英語が追加。
【攻略法】
15秒、または30秒で考えをまとめ、30秒~60秒以内で解答という、まさに時間との戦いのため、とにかく考えを書き、喋る(録音)ことをたくさんこなすことがポイント。

  • 解答のテンプレートを覚え込み、そこに自分の意見をあてはめる。(内容よりは、採点者が一瞬で聞いて理解できるか?がポイント)
  • シンプルな文法を使うこと。(難しい文法を使い、何を話しているかわからなくなっては意味がない。)
  • 発音矯正。(ネイテイブ採点者が聞いて理解できるくらい=ネイティブに近い発音)

Writing(TOEFLライティングセクション攻略法)

講義を聞いて、設問に答える問題(20分)、個人的意見を述べる問題(30分)の2つ。
【攻略法】
限られた時間内で意見をまとめて書くには、起承転結(Introduction、 Body、 Conclusion)に自分の意見をあてはめることがポイント。

  • テンプレートを覚え込み、ひらすら書く練習。
  • 使い慣れている文法、語彙を使うこと。
  • スペルチェック等、最低3~5分の時間を残すこと。
  • 基本的なことですが、タイピングの速度をあげるべく練習を欠かさない。

TOEFLこんな時はどうすればいい?

どこから始めたらいいのかわからない。

あまりに膨大な量のテスト内容から、いったい何から始めたらいいのかわからない。TOEFLを始める際にそう感じる方いらっしゃいます。

  • 英語学習から遠ざかっている、または学校以外でとくに勉強したことがない場合
    基礎単語(初級~中級)、文法(中学生程度)の参考書をマスターしてください。1~2ヶ月等期限を決めて集中してがポイントです。
    いきなりTOEFLの参考書から始めるよりは、まずは英語の基礎固め。
    どんな英語資格試験でもまずは基礎をかためてから攻略に入ることで、スムーズに進みます。
  • 英検、TOEICなど英語学習は数年してきたが、TOEFLは初めての場合
    まずは模擬試験を受けてみてください。(ETS公認ガイドがおススメです)
    TOEFL用単語の参考書をマスターしてください。ゆっくり覚えるのではなく、1~2ヶ月等期限を決めて集中してがポイントです。

時間がない

厳しいようですが、時間は作るしかありません。

TOEFL受験を決められたからには、TOEFLスコアを使う明確な目的、期限があるはずです。
その二つが不明な場合は、まずは明確にすることから始めることをお勧めします。
なぜなら、TOEFLスコア達成には、膨大な時間と労力を必要とするからです。

タイムマネジメントの見直し

朝1時間早く起きる、通勤時間の使い方(ゲームや読書→TOEFL学習)、週末の過ごし方など、少し変えるだけで時間は作れます。

スコアの伸び

TOEFL受験回数を増やす

どんなテストもそうですが、試験慣れすることで自己分析、攻略すべき点、コツがつかめ、スコアはあがります。
特殊なスタイルのTOEFLならなおさらです。そして、これはモチベーションの持続にもとても効果的です。
期限までは毎月受ける!くらいの計画が大切です。

TOEFL勉強方法のアドバイスをもらう

今はインターネットでも高得点取得に成功された方たちのブログなど、情報は豊富です。
また、留学経験のある友人などからアドバイスをもらうことも一つ。
そして、語学スクールの先生からのプロのアドバイスをもらうことも効果的です。
独りで悩まず相談したり、情報収集するなどして、勉強方法の見直しを定期的に。

TOEFL対策のできるスクールに通う

プロの指導、アドバイスはとても効果的です。誰かに自分の弱点、強み、癖をみてもらうことで、明確な分析ができます。 
また、毎週宿題や単語テストなど行うことで、モチベーションも持続でき、勉強習慣が身につきます。

名古屋駅・一宮駅の英会話「エムエムエム」のTOEFLレッスンご紹介

エムエムエムにはTOEIC、TOEFL、英検、受験英語の学習に最適な「資格・スタディコース」があります。

関連記事

  1. TOEICが変わります!

    TOEICが変わります!

  2. IELTSとTOEFLとの違い

  3. どの英語試験を受けるべきか?目的別英語の試験の選び方

  4. 無料英会話体験レッスン

    TOEIC徹底攻略ガイド|試験概要、効果的な勉強学習法|sq…

  5. 英語資格試験

    IELTS徹底攻略ガイド|申し込みから効果的な勉強・対策・学…

  6. TOEIC学習のコツ

    TOEIC学習のコツ

あなたの「人生」を変える英会話! まずは無料体験レッスンから。

無料体験レッスンはこちら

無料体験レッスン

  1. 2017.09.18

    国や文化によって反応はそれぞれ! 英語力がアップする英会…

  2. 2017.09.18

    英語で語りながら食事をしよう【開催報告】アメリカン料理 …

  3. 中国語日常会話表現における文型・言い回し・慣用語時系列順はネイティブから学ぼう

    2017.08.28

    中国語日常会話表現における文型・言い回し・慣用語時系列順…

  4. 2017.08.18

    外国人と英語で気軽に国際交流!がっつりお肉が食べよう!ア…

  5. グループレッスン

    2017.08.10

    英会話スクールmmmのグループレッスンが大人気の理由はコ…

  1. 中国語日常会話表現における文型・言い回し・慣用語時系列順はネイティブから学ぼう

    中国語日常会話表現における文型・言い回し・慣用語時系列順…

  2. グループレッスン

    英会話スクールmmmのグループレッスンが大人気の理由はコ…

  3. 海外留学

    初めてのイギリス海外留学。オックスフォードでのエピソード…

  4. どの英語試験を受けるべきか?目的別英語の試験の選び方

  5. IELTS とは? IELTSの概要と勉強方法や試験の申…

Top