TOEICが変わります!

TOEICが変わります!

5月29日テストより、TOEICの問題形式が一部変更されることはご存知でしたか?
より今の時代にあった英語コミュニケーションが反映されるよう、さらに実践的なものにするために改定されているそうです。

主な変更点
1.リスニングセクション

  • Part 1: 設問数が10→6、Part 2: 30→25に減ります。
  • Part 3: 設問数が30→39に増えます。
  • Part 3: 3名で会話する設問があります。

会話やトークの中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問が加わります。

2.リーディングセクション

  • Part 5: 設問数が40→30に減ります。
  • Part 6: 一つの文章に含まれる設問は3問から4問に増えます。

文書の全体的な構成を理解しているか問う設問が加わります。

  • Part6:文書内の空欄に最も適切な一文を選ぶ問題
  • Part7:文書内に新たな一文を挿入するのに最も適切な箇所を選ぶ問題

Part 7:テキストメッセージやインスタントメッセージ(チャット)、オンラインチャット形式で複数名がやり取りを行う設問が加わります。
Part 7: 3つの関連する文書を読んで理解する設問が加わります。
Part 7: 設問数が48→53に増えます。

より難易度が高くなっているというよりは、より時代にあった英語力が身についているかを試されるようになっています。
よって、 短い文章や、会話文の問題が減り、長い会話の問題が増えています。
文法穴埋め問題よりも、日常使う読み物(オンラインチャット、テキストメッセージ等)の問題が導入されています。

mmmでは、新形式TOEICへの対策講座が受講いただけます。
就職活動、転職活動、昇進など、TOEICが必要な方は、早めの準備が必要です。
また、現在英会話レッスン受講の皆さん、よりコミュニケーション力を図る傾向が強くなっているTOEICに是非チャレンジしてみましょう。

関連記事

  1. TEAP実践問題集

  2. 英語資格試験

    IELTS徹底攻略ガイド|申し込みから効果的な勉強・対策・学…

  3. IELTSとTOEFLとの違い

  4. IELTS とは? IELTSの概要と勉強方法や試験の申し込…

  5. どの英語試験を受けるべきか?目的別英語の試験の選び方

  6. 大学入試の英語外部検定利用と受験対策(英検・TEAP・IEL…

あなたの「人生」を変える英会話! まずは無料体験レッスンから。

無料体験レッスンはこちら

無料体験レッスン

  1. 2018.08.13

    英語長文練習問題集・読解トレーニング

  2. 2018.08.12

    中国人が教える習慣の違い!日本文化やマナー、食事など常識…

  3. 2018.08.04

    超実用的!シーン別ビジネス英会話に使えるフレーズ集 海外…

  4. 2018.07.28

    【開催報告】英語で世界のゲームで楽しもう!~国際交流チャ…

  5. 2018.07.22

    英会話を効率良くマスターするためのコツと勉強法

  6. 2018.06.25

    中国語の資格試験検定事情 種類・中検とHSKの違い・HS…

  7. 2018.06.18

    大学入試の英語外部検定利用と受験対策(英検・TEAP・I…

  8. 中国語日常会話表現における文型・言い回し・慣用語時系列順はネイティブから学ぼう

    2018.06.08

    中国語日常会話表現における文型・言い回し・慣用語時系列順…

  1. 2018.08.13

    英語長文練習問題集・読解トレーニング

  2. 2018.07.22

    英会話を効率良くマスターするためのコツと勉強法

  3. グループレッスン

    2017.12.10

    英会話スクールmmmのグループレッスンが大人気の理由はコ…

  4. 2017.11.30

    IELTS とは? IELTSの概要と勉強方法や試験の申…

  5. 海外留学

    2017.11.28

    初めてのイギリス海外留学。オックスフォードでのエピソード…

  6. 英語資格試験

    2017.07.06

    IELTS徹底攻略ガイド|申し込みから効果的な勉強・対策…

  7. 2017.07.02

    どの英語試験を受けるべきか?目的別英語の試験の選び方

  8. My first step in Japan.

    2017.05.19

    モロッコから日本に永住して気づいたこと、驚いたこと。日本…

Top