英語がペラペラ話せるようになる方法【無料!音声ミニレッスン付き!】

Contents

英語がペラペラ話せるようになる3つの方法!【無料!音声ミニレッスン付き!】

「英語をぺらぺらと話せるようになりたい!」と思っていませんか?

今の英語力のままで、ペラペラ話しているように聞こえる方法があります。
それは、イントネーション!イントネーションを学ぶだけで、ぐーんとペラペラ英語を話しているように聞こえます。

ネイティブのように英語を話せたら、
相手に伝わる!
楽しく会話ができる!
外国人の友人ができる
交渉を対等にできる!
仕事ができる人になれる!

良いことばかり。

 

でも、
ペラペラ英語を話すには
難しい単語を覚えなきゃ
長い文章をしゃべれるようにならなきゃ
きれいな発音で話さなきゃ

なんて思っていませんか?

 

ペラペラ英語を話すには、ズバリ!イントネーションをマスターするとよいのです。
では、mmm英会話スクールの英語学習アドバイザー舞先生にどのように学習すればよいか、聞いてみましょう!

 

ペラペラ英語を話す秘訣は、ズバリ!イントネーション

英太郎「舞先生、こんにちは。突然ですが、英語をペラペラ話せるようになりたいのですが、なかなか思うようにできなくて。どうしたらよいですか?」

舞先生「こんにちは、英太郎さん。英語をペラペラ話す、とっておきの方法がありますよ!」

英太郎「ぜひ教えてください!」

舞先生「もちろん!でもその前に。なぜぺらぺら話せるようになりたいのですか?」

英太郎「たまに英語で話す機会があるのですが、相手がつまらなさそうな顔をしているんです。全然話が盛り上がらなくて……」

舞先生「それって、よくあることですね。特に私たち日本人には。」

英太郎「えっ!そうなんですか?私だけじゃない?」

舞先生「ええ。日本人、特に男性。」

英太郎「なぜですか?」

舞先生「それは、ズバリ、『イントネーション』の問題なんです。」

英太郎「イントネーション?抑揚ですか?」

舞先生「そう。元々日本語は抑揚の少ない言語。さらに、日本人男性は特に感情を表に出さない習慣があり、抑揚を抑えて話すクセがついているからなんです。」

英太郎「なるほど。確かに、文章を用意しても棒読みになっちゃうんですよ。」

〈抑揚のない英語は聞こえない?〉

舞先生「外国人の友人からよく聞くのは、『日本人の英語はつまらない』ってこと」

英太郎「やっぱり。つまらない話をしてるんだなぁ」

舞先生「いいえ!話の内容がつまらない訳ではないんですよ。内容は良いのにつまらないと思われてしまう理由は2つ!」

 

①イントネーションがない英語では、外国人は英語を聞き取れないから

②イントネーションがない英語というのは、音階のない音楽のようなものだから

 

英太郎「え?聞き取れてないんですか?」

舞先生「そうなんです。まず①を日本語で例えて説明をしますね。

「今日は天気が良いですね。」

と言うつもりでも、イントネーションがないと

『き……は、……きが良い…ね』

のようにと聞こえているようですよ」

 

英太郎「それじゃ、会話が盛り上がらないですね」

舞先生「②の事例は、まるでお経のような話し方。あるいは、音痴の歌をずっと聞かされている感じかな。」

英太郎「つまらない顔をするわけだ……」

舞先生「イントネーションを身につければ、多少文法的に間違っていても、英語で言いたいことが伝わるようになるんですよ。」

 

〈イントネーションの無料音声ミニレッスン開始!〉

英太郎「舞先生、イントネーションってどうやって学習したらいいですか?」

舞先生「まず、言葉に強弱をつけるのは、喉じゃないということを身につけましょう。」

英太郎「喉じゃないというと?」

舞先生「腹なんです。腹式呼吸で言葉の強さをコントロールします。例えば、こんな風に」

 

・喉の強弱
・腹式の強弱

英太郎「意外と難しいですね。」

舞先生「慣れですよ。何度も練習したら、できるようになりますよ。

次は、英単語の中でイントネーションをつける練習をしましょう。イントネーションで感情や意図を伝えることができるんですよ。」

英太郎「できるようになりたいです!」

舞先生「では、会話でよく使えるWhat?という英単語を読んでみますね」

英太郎「音声ミニレッスンですね!お願いします」

舞先生「What?を4つのパターンで言いますよ。それぞれどんな感情の時か、考えてみてくださいね」

 

 

舞先生「わかりましたか?答えは、

①日本人にありがちなイントネーションのない読み方
②質問するとき
③驚いたとき
④何かがばれてしまってごまかすとき

でした。」

 

英太郎「感情が伝わってきました!自分がWhat?と言う時に、先生のマネをして言ってみます。」

舞先生「はい!ぜひ、何度も聞いてマネしてみてください。特に、イントネーション、声の強さ、息の使い方をマネしてくださいね。対面での英会話レッスンでしたら、細かくアドバイスしますよ。」

英太郎「ありがとうございます。」

舞先生「次は、ひとつの文に抑揚をつける練習です。簡単な英文で試してみましょう。例えば、

The meeting is at 2:00, isn’t it?

です。それぞれのイントネーションは、どんな場面で使うでしょうか?」

 

 

舞先生「正解は、

①は、日本人にありがちなイントネーションがない読み方  
②は、語尾を上げる↑:答えがあっているか不確かなので、相手に確認したい時  
③は、語尾を下げる↓:答えはわかっているけど念のため、相手に確認したい時

でした。予想と一致していましたか?」

 

英太郎「はい。ところで舞先生、英語が単語から短文になった途端、イントネーションが付けづらくなりました。何かいい方法はありますか?」

舞先生「そんな時は、身体を動かしながらリズムを取るとイントネーションが付けやすくなりますよ。歩きながら練習すると、とても効果があります!試してみてください。」

〈英語学習、ここが分かれ目!長文音読練習より、短文音読の大量練習が有効〉

英太郎「英単語から短文にイントネーションをつけるのに慣れてきたら、次は長文練習ですね。」

舞先生「それが、英語学習でよくある間違いなんですよ!できるようになったかなと思って長文に進むより、短文を徹底的に大量にできるようになった方が、ペラペラ英語を話せるようになる近道なんです。」

英太郎「そうなんですか?短文をどのくらいできるようになったら、ぺらぺら英語を話せるようになりますか?」

舞先生「日常英会話だったら、短文100個程度をスムーズにイントネーションをつけてぺらぺら言えるようになるとよいと思いますよ。」

英太郎「100個か~。がんばろうかな!」

舞先生「では、とっておきの英語のイントネーションを身につける学習方法をお教えしますね。

①自分の練習を録音する
②YouTubeなど動画をみて、話し方のマネをする
③英語を話す相手に、表情やジェスチャーもマネする

まず、練習をぜひ録音してみてください。自分ではかなり抑揚をつけているつもりでも、実際に録音して聞いてみると、思っているほど強弱がついていないことが分かるでしょう。自分の声を聞くのは少し恥ずかしかもしれませんが、最も効果がある練習方法です。

YouTubeなど動画で練習するときも、英語を話す相手に練習するときも、どちらも表情やジェスチャーをマネするとよいです。
イントネーションは、声だけではなく、顔の表情やジェスチャーを使いながら作られるものだからです。
本当のことを言えば、リアルに英語を話す相手のマネをするのが一番上達します。
さらに、話し相手は、正しい英語を話すプロの英会話の先生であるのがベスト!!!

mmm英会話スクールでは、プロの英会話の先生と話すチャンスがたくさんあります。ぜひ先生との会話を楽しみながらチャレンジしてくださいね。」

 

英太郎「はい!イントネーションをマスターして、ペラペラ英語を話せるようにがんばります!」

舞先生「いつでも質問があったら聞いてくださいね!いつも応援してます!」

 

mmm英会話スクールのLINEでは、ペラペラ英語を話すために必要なノウハウを配信しています!新規にLINE登録してくださった方で、「mmm英会話」と送ってくださった方には、「ペラペラ英会話のための腹式呼吸マスター特別レッスン」の音声をプレゼントします!

こちらより登録いただけます。

LINE登録はこちらから >> 

 

mmm英会話スクールの無料体験レッスンも大好評!

無料体験レッスンはこちらから >> 

 

まとめ

①英語をペラペラ話せるようになるには、イントネーションをマスターするとよい

②イントネーションをマスターする練習のコツは、

  • 腹式呼吸
  • 歩きながら練習
  • 録音

すること

③上達のコツは、英語を話している人の顔の表情やジェスチャーもマネをすること


英語のリズムをマスターする方法をお伝えします。

では、mmm英会話スクールの英語学習アドバイザー舞先生に、どのように学習すればよいか、聞いてみましょう!

 

英子「舞先生、英語を上手に話すためには、リズムが大切だって本当ですか?」

舞先生「そうなんです。英語独特のリズムをマスターすると、

・上手に聞こえ
・相手に伝わる
・理解される

ようになります。

しかも、話せるようになると、聞き取れるようになります。『ヒアリング』も劇的に良くなるんですよ」

 

英子「ペラペラしゃべれて、ヒアリングもよくなるなんて、最高!コミュニケーション力が上がりそうですね。でも、私、リズム感がないんですよ~」

舞先生「そうおっしゃる方は、多いんです。でも、大丈夫!

英語のリズム感は、練習方法がありますし、コツをつかめば、上手にリズムが取れるようになりますよ!」

英子「そうなんですか!希望をもって練習してみようかな♪」

〈リズムの違いは、音の成り立ちの違い〉

英子「そもそも日本語と英語とはリズムはどうして違うんですか?」

舞先生「それは、音の成り立ちが違うことから、リズムの違いが生まれています。母音と子音はわかりますね?」

英子「はい。『かめ』は、ローマ字でkame。a・eは母音、k・mは子音ですね」

舞先生「そうです。

日本語は、5個の母音と13個の子音から成っています。そして、

①子音+母音

②母音単体

で、音節になります。

 

音節というのは、一音で発せられる単位で、1音節につき1母音です。

上記の例のかめは、②のパターンを2回繰り返した、2音節です。

日本語は、それぞれの音に母音がある影響で、音が一定の強さ・一定の長さになりやすいのです」

英子「だから、日本語は単調なリズムなんですね」

舞先生「そうです!

一方、

英語には、17個の母音と22個の子音(IPA国際音声記号学会による。母音数、子音数は諸説あり)があります。そして、

①母音のみ

②子音+母音

③母音+子音

④子音+母音+子音

の4パターンの音節です。

英語は③、④の音節の方が多く、しかも子音が複数続きます。

母音、子音の数が多いうえに、組み合わせも日本語より複雑です。

 

では、英子さん、ここでクイズです。

「‘spring’はどのパターンで、音節はいくつでしょう?」

英子「子音+子音+子音+母音+子音+子音。

④のパターンで、音節は1つですか?」

舞先生「正解!この長さで1音節です」

英子「日本語で、スプリングと言ったら、ス・プ・リ・ン・グで5音節もありますね。英語と日本語は全然違いますね」

舞先生「そうなんです。英語のSpringは1音節ですから一気に読みます。1拍手する間に’Spring’と言い切るんです」

英子「1音節=1拍手なんですね」

舞先生「はい。

 

まとめ

 

音の長さ

音の強弱

音の高低差

日本語

ほぼ一定

あまりない

あり

英語

まちまち

あり

あまりない

 

になります」

英子「なるほど。英語リズムをマスターして、英語リズムに波乗りするしかないですね!」

〈英語リズムマスターへの3つの秘訣〉

英子「どうやって英語のリズムをマスターしたらいいんですか?」

舞先生「3つの秘訣があります。

3つの秘訣とそれぞれの練習方法を説明しましょう。

秘訣1:拍

秘訣2:早口ささっと

秘訣3:強弱

です。詳しくお話ししましょう。

秘訣1:拍

日本語とは違う英語リズムは、手拍子で拍を取ることで、リズムを体感できます。1拍の間に1音節、1区切りを一気に言い切ります。

練習方法:手拍子で拍を取りながら、音読する

秘訣2:早口ささっと

‘1拍の間に1区切り=いくつかの単語を言い切る’ために、拍と拍の間は、‘早口ささっと’と言います。

練習方法:チャンツでリズミカルに音読する

秘訣3:強弱

はっきり伝えたいことは強く言います。

補足的な内容は弱く言います。

日本人は、強い音で言うことに慣れていないというのが一番ネックとなっているでしょう。

練習方法:波形をマネして、音読する

さらに、練習する時のコツは、練習する文の長さを、単語→フレーズ→文→文章に徐々に長くしていく方がいいですね」

 

〈無料!音声ミニレッスン!「拍」でリズムを取ってみよう〉

舞先生「音声教材などで英単語、英会話の練習をするときは、拍手をして『拍』を取りながらするのが、効果がありますよ」

英子「どんな風にしたらいいですか?」

舞先生「例えば、’How is it going?’でやってみましょう!

英子さん、これは何拍だと思いますか?」

英子「母音が5個あるから5拍かな。ハウ イズ イット ゴーイングだから~。やっぱり5拍?」

舞先生「あ~。残念!日本語リズムでは5拍ですよね。英語リズムで言うと、2拍なんですよ」

英子「え~!!」

舞先生「’How’で1拍。’going’で1拍。それで2拍です。’is it’は、拍と拍の間にサッと言うんです。実際に聞いてみてくださいね」

方法1

5拍と2拍の言い比べ
2拍を3回

How   is    it   go ing?
    ●       ●  ●   ●  (→拍をするところ)

How’s it going?
    ●               ●    (→拍をするところ)

ネイティブは、通常、短縮形 ’How’s it going?’ と表記しますし、そのように発音しています」

英子「本当!急にペラペラ感が出ますね!」

舞先生「でしょう? How is itがひとまとまりの音になるんですよ」

英子「なるほど!」

舞先生「実は、疑問文から習得するのがおすすめ!後に続く単語を入れ替えれば、応用が広がります。

How’s it going?  調子はどうですか?

How’s it doing that ?  それをされたらいかがですか?

How’s it coming along?  進捗はいかがですか?

という風に」

英子「いいですね!どんどん質問すると積極性が伝わりますし」

舞先生「会話の主導権を持てますよ!」

 

〈基礎練習!チャンツに挑戦!〉

舞先生「先程の事例をもう一度見ましょう。

How’s it going?
    ●             ●  (→拍をするところ)

拍と拍の間の単語は、早口でささっと言います。この‘早口ささっと’の練習にはチャンツが効果的です」

英子「舞先生、私、チャンツって初めて聞いたんですけど……」

舞先生「チャンツって、英語の文章をリズムに乗せて歌う方法です。2020年4月からの小学校高学年英語学習の副読本にチャンツが使用されています。効果があると認められている証拠ですね」

英子「そうなんですね」

舞先生「YouTubeにも色々アップされていますよ」

英子「こどもと一緒か~」

舞先生「いえいえ。リズム感をつかむまで、とても有効です。あなどれないですよ」

英子「そうなんですね。ところで、初心者の私はどこまでが一区切りか、分からなくて。何かヒントはありますか?」

舞先生「『大切なところは、強く、ゆっくり。補助的なところは、弱く、早く』

大切なところというのは、主に、名詞、動詞、形容詞、副詞、疑問詞、数詞など。
補助的なところというのは、主に、冠詞、前置詞、接続詞、代名詞、関係詞、助動詞など。

これを大体の目安にしてみてくださいね」

英子「はい」

舞先生「慣れてきたら、長めのスピード感あるチャンツにチャレンジしましょ!YouTubeの検索バーに‘チャンツ 上級’に入れたら、長めのチャンツが見つかりますよ」

英子「わかりました!レベルアップしてきたいです!

ところで、英語音声のスピードが速めで、口がついていけないときは、どうしたらいいですか?」

舞先生「‘んんーん んん’と‘ん’だけで言ってみるだけでも十分にリズムの練習になります。全部‘ん’でもいいですし、言えるところだけ英語発音してもいいですよ」

〈無料!音声ミニレッスン!リズムを見える化!強弱を目で学ぼう!〉

舞先生「リズムを見える化しましょうか?」

英子「そんなことができるんですか?」

舞先生「これを見て。

方法2

A: Hey, How’s it going?
B: Good, thanks. How about you?
A: I’m alright, thanks.

ほら!

発声が波形で見えるでしょ?」

英子「本当!波が高いところは、声が大きいということですね」

舞先生「そう、そう。早速、この事例を録音してみましょう。私の音読の波形とどのくらい似てますか?」

英子「全然、波の高さが足りません!まだまだ、声が小さいということですね」

舞先生「かなり強めに話してても、英語の時は大丈夫です。英語音読を録音できて、波形が見られる英語学習アプリもあります。探して、練習に使っててもいいですね」

英子「英語のリズムと、音の強さが自分の目で確認できるのはわかりやすくていいですね。

英語リズムを学ぶ3つの秘訣とその練習方法がわかりました!早速、やります!」

舞先生「少しずつでも、コツコツやっていきましょうね!」

mmm英会話スクールのLINEでは、ペラペラ英語を話すために必要なヒント満載の無料音声ミニレッスンを配信しています!
さらに無料音声ミニレッスンを聞きたい方は、こちらからLINE登録してくださいね!

 

LINE登録はこちらから >> 

 

mmm英会話スクールの無料体験レッスンも大好評!

詳細はこちらへ 

無料体験レッスンはこちらから >> 

 

【無料!音声ミニレッスン付き!】ペラペラ英語を手に入れる英語の音変化3つのルール!

「ネイティブのように、英語をぺらぺらと話したい!」と思っていませんか?

今の英語力のままでも、音変化のルールを知れば、英語らしくペラペラに話せるようになります。

英語の音変化ルールを習得すると、スピーキングだけでなく、リスニングもぐぐーんとレベルアップ!ネイティブが早く弱く言っている言葉も耳が拾えるようになるので、聞き取れるようになるのです。

この記事を読んで、英語レベルアップのスピードを加速させましょう!

今回は、英語の音変化ルールをマスターする方法をお伝えします。

では、mmm英会話スクールの英語学習アドバイザー舞先生に、どのように学習すればよいか、聞いてみましょう!

 

〈明治時代の英語は、本当に通じたのか?〉

 

ハツタ ワザ イジ イータ ツデイ
イータ イジ ウエレ シトメ ワザ
キヤン ユー スパーカ ヱンケレセ ?
ユー スパーカ ヱンケレセ プロテ ウワエル

英太郎「これ、何ですか?」

舞先生「英語なんですよ!」

英太郎「ええ~!」

舞先生「ジョン万次郎って知っていますか?」

英太郎「漂流してアメリカ船に助けられ、その後、江戸時代・明治時代に英語の教師や通訳として活躍した、あの、ジョン万次郎?」

舞先生「そうです。ジョン万次郎は日本で初めて英語を学んだ人と言えるでしょう。そのジョン万次郎が書いた『英米対話捷径』(えいべいたいわしょうけい)という本にこのカタカナ英語が載っているんですよ」

英太郎「へー。『英米対話捷径』(えいべいたいわしょうけい)?」

舞先生「『捷径』(しょうけい)というのは、近道という意味。今の言い方なら、『英会話の近道』ってところかな」

英太郎「そうなんですね。早く英語を習得したい気持ちは、今も昔も変わりませんね。

ところで、今のように先生もテキストもない時代に、どうやって学んだんでしょう」

舞先生「耳で聞こえるままに、覚えたようですよ。では、先程のカタカナの文章は英語では何と言っていると思いますか?」

英太郎「うーん」

舞先生「答えは……

What weather is it today?
It is very stormy weather.
Can you speak English ?
You speak Engish pretty well.

なんですよ」

英太郎「なるほど!こんな風に工夫しながら、英語を学んだんですね。一生懸命さが伝わってきます。そういえば、

What time is it now? 

ホッタイモイジルナ(掘った芋、いじるな)

と言ったらよい、なんて聞いたことがあります」

舞先生「is itはつながって発音するので、

イズ イット

ではなく

イジ

というフリガナは、ネイティブの発音に近いですね」

英太郎「is itはひとまとまりで発音かー。

確かに、英語を聞いていると、まとまって一気に言ったり、ごにょごにょ言ったり、音になってないような発音もありますね。そういうのが聞き取れないんですよねー」

舞先生「それこそがこれからお話する英語の音変化です。

ジョン万次郎は英語をカタカナで工夫しながら表現していましたが、現代は、便利な教材も優れた講師もいます。

当時の日本人の英語学習への熱い気持ちに思いをはせながら、より正確な英語の発声、音変化を学んでいきましょう!」

<つながる!消える!変わる!英語の音変化3パターン〉

英太郎「英語は、どんな風に音変化をするのか、教えてください!」

舞先生「もちろん!代表的な3つのパターンをお教えしましょう」

英太郎「よろしくお願いします」

舞先生「代表的な3つのパターンとは、

 

①つながる

②消える

③変わる

です。

①つながる

音がつながって、発音されるパターンです。

 

つながるパターンを2つご紹介します。

 

⑴「子音」+「母音」

 

keep in touch キープインタッチ → キーピンタッチ 
 
→    pとinがつながる

 

⑵「子音」+「you」

would you ウッド ユー → ウッジュー

 →   dとyがつながる

(youのyは、前の子音とつながり、音変化を起こしやすい)

 

②消える

前後の音の影響で、音が弱くなり聞こえなくなるパターンです。

good time グッドゥ タィム → グッタィム dの音が消える

take care テイク ケア → テイッケア keの音が消える

I like him アイ ライク ヒム→ アイライキム hが消える

③変わる

2つの単語がつながって、違う音に変わるパターンです。

get_you ゲットゥ ユー → ゲッチュー

Can I キャン アイ → キャナイ

Did_you ディドゥ ユー → ディジュー

Would you ウッド ユー → ウッヂュー

特殊なパターンとして、

want to  ワント トゥ → ワナ(wanna)

going to ゴーイン トゥ → ゴナ( gonna)

もあります。表記から変わってしまってますね」

英太郎「確かに!音がつながってるところは、私の耳にはごにょごにょ言ってるように聞こえてしまうんですよ」

舞先生「慣れていないと、そうかもしれませんね」

英太郎「音変化を知っていたら、言えて、聞こえるようになりますか?」

舞先生「そうですね~。なりますよ。

 

まず、音変化のルールを知ること。

次に、自分で言えるように、練習しましょう。

練習するときは、まず文章を見て、どこが音変化するか赤ペンでマークします。読む前にどんな音になるか予想してから、音声を聞きます。音変化ルールを覚えられますし、練習しやすいでしょう。

最後に、英語を聞きながら、音変化に耳を慣らす、とよいですよ」

英太郎「音変化ルールは、結構あるんでしょう?」

舞先生「今回ご紹介したのは、音変化ルール一部ですね。ある程度できるようになれば、英語が流暢になり、話すスピードがあがってくるでしょう。話すスピードがあがると、自然と音変化ができます。そもそも、英語の音変化は、早く話すために起きることですから」

英太郎「そうですか。他の音変化ルールを気になってきました」

舞先生「もっと知りたいと思ったなら、詳しく書かれた書籍や動画などで調べてみてくださいね。検索ワードは、「英語 音変化」「英語 リンキング」「英語 リエゾン」などでヒットすると思います」

英太郎「よーし!英語の音変化マスターになるぞ!」

 

〈無料!音声ミニレッスン!音変化を目と口で体感しよう!〉

舞先生「では、すぐに練習できるように、音声ミニレッスンをしましょう」

英太郎「待ってました!」

舞先生「私の声の後について、言ってみたください。音の変化を意識してくださいね」

フレーズ


 

Kind of

September

Salad bar

Good morning.

Would you like a drink?

英太郎「なんか、いい感じです!」

舞先生「ええ、上手ですよ。

次は、以下の文章(テキスト)を読んで、音変化が起きそうなところにマークしてください」

英太郎「はい……できました!」

舞先生「では、音声を聞いてみましょう。

1回目は、文章(テキスト)を目で追いながら、通しで聞いてください。

2回目は、自分でつけた音変化マークの箇所に注意して、聞きましょう。

3回目は、自分がマークを付けた箇所以外で、音変化がないか探すつもりで、聞いてみましょう。

では、音声をどうぞ!」

フレーズ


Some more

As a matter of fact

Fill it up

 

Could I have a glass of wine?

I haven’t finished it yet.

 

英太郎「なかなか、難しいです」

舞先生「初めは、難しいかもしれませんね。でも、コツコツ練習を続けていたら、慣れてきますよ。音変化がある個所にマークを付けた文章(テキスト)をつけておきますね」

英太郎「参考にします!ありがとうございました!」

舞先生「ペラペラ英語を目指して、頑張っていきましょう!」

 

mmm英会話スクールのLINEでは、ペラペラ英語を話すために必要なヒント満載の無料音声ミニレッスンを配信しています!
さらに無料音声ミニレッスンを聞きたい方は、こちらからLINE登録してくださいね!

 

LINE登録はこちらから >> 

 

mmm英会話スクールの無料体験レッスンも大好評!

詳細はこちらへ 

無料体験レッスンはこちらから >> 

 

 

まとめ

1. 英語の音変化ルールを知ると、英語を話すスピードが上がり、ペラペラ英語になる

2. 音変化ルールで話せるようになると、ヒアリングもグーンとアップする

3.まず、音変化ルールを知り、文章(テキスト)を見ながらどこが音変化するか予想しながら、練習しよう

 

 

【無料!音声ミニレッスン付き!】これだけ押さえて、英語での雑談力がぐーんと上げよう!発表!うっかり間違えやすいカタカナ英語の国名ベスト5!

「英語で雑談するのが一番困る~!」

「英語で雑談が続かない!」

「できれば、英語で雑談するのは避けたい!」

と思っていませんか?

準備した文章を読んだり、話したりするのは何とかなるけれど……

雑談は、どんな話が飛び出すか分からないから対応できない、なんてお話を聞きます。

雑談も準備しておけば、対応できるもの!

この記事では、

1.どんな準備をすればよいか?

2.うっかり間違えやすいカタカナ英語を知っておく

3.カタカナ英語を伝わる英語に変換する練習

をお伝えします。

この記事を読んで、英語雑談に強くなって、英語レベルアップのスピードを加速させましょう!

では、mmm英会話スクールの英語学習アドバイザー舞先生に、教えてもらいましょう!

 

〈雑談に強くなるために、どんな準備をしたらいいですか?〉

英子「今度、外国人スタッフと食事会があるんです。どんな話をしたらいいのか分からない~。今から胃が痛いです」

舞先生「雑談って、何話していいか迷いますよね。雑談に強くなる秘訣を伝授しますね。

『木戸に立ち掛けし衣食住』って言葉、知ってます?」

英子「なんですか?それは」

舞先生「雑談のネタになるテーマの頭文字をまとめたものなんですよ。

キ…気候

ド…道楽(趣味、テレビ、映画、スポーツ)

ニ…ニュース

タ…旅

チ…知人

カ…家族

ケ…健康

シ…仕事

衣…ファッション

食…グルメ

住…住まい、暮らし、家」

 

英子「なるほど!この話題をすればいいってことですか?」

舞先生「そうです。このテーマのことを英語で準備しておけば、話題に困ることはありませんよ!」

英子「準備というと?」

舞先生「例えば、旅。日本人はもちろん、外国人も旅行は大好き!旅の話題なら楽しいし、話は尽きませんね。

相手への質問文や尋ねられた時の回答を考えておくとよいですよ。

では、早速試してみましょう!

Would you like a drink?Where do you want to go on a trip?
(旅行でどこへ行きたいですか?)」

英子「そうですねー、イタリア!」

舞先生「英語で言うと?」

英子「え?イタリアでは通じない?」

舞先生「そうなんです。カタカナ表記するならば、イタリィ。

カタカナ英語のイタリアだと、アクセントがなく平たんに言いますが、

英語発音のイタリィでは、イにアクセントを置いて、イタリィ。

アクセントも違うと、全く通じないのですよ」

英子「えー!これは、知っておきたいですねえ。主な国名や地名を知らないように思われて、教養のない人だと思われるのは、嫌だわ~」

 

〈うっかり間違えやすいカタカナ英語の国名ベスト5!〉

舞先生「ニュースを観る時も、英語発音の国名を知っておくといいですね。世界の出来事を語り合うこともできるようになりますよ。

間違えやすいカタカナ英語の国名ベスト5

1位 オランダ

The Netherlands ネザーランド    (Holland ホーランド とも言う)

オランダ語で「低地の国「低地地方」を意味するNederland(ネーデルラント)が由来です。

日本語名のオランダは、かつてあった重要な地域であったホラント州由来。

形容詞および名詞形のDutch(ダッチ)は、歴史的理由により、軽蔑のニュアンスがあり、「Netherlander」や「Hollander」を使う方がベター。

 

2位 ドイツ

Germany  ジャーマニー

Germanyはラテン語のゲルマン人の地という意味のゲルマニアが由来。

日本語名のドイツは、ドイツ語の「ドイチェランド(Deutschland)」から来ているようです。

 

3位 ギリシヤ

Greece グリース

ラテン語で、Graeci(ギリシア人)の土地という意味ので、Graeciaに由来しています。

日本語名のギリシャは、ポルトガル語のGréciaに由来し、「ゲレシヤ」から「ギリシヤ」に変化したと言われています。

 

4位 スイス

Switzerland スウィツァランド

国民・形容詞ともSwissスウィスです。日本語は形容詞を国名として使って言うので、要注意です。

Switzerlandの語源は、古代ドイツ語のSchwyz(シュヴィーツ)が変化したものだと言われています。意味は「酪農場」

スイスの酪農は有名ですが、紀元前6,000年前の遺跡でチーズを作るための道具らしきものが見つかっています。

古代ローマ時代には、スイスでチーズ生産が行われており、当時のローマ人はスイスチーズを知っていました。

スイス人は、年間一人当たり20キログラムのチーズを食べているそうですよ!

歴史あるお国柄ですね。

 

5位 イギリス

England イングランド

他に、United Kingdom、UKとも言います。

正式名称は英語で「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(ユナイテッド・キングダム・オヴ・グレイト・ブリテン・アンド・ノーザン・アイルランド)」

日本語では、「グレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国」

イングランドという呼び方は、具体的にどこを意味するのか?

形容詞の「British」は、

イギリス人

イングランド人

スコットランド人

ウェールズ人

北アイルランド人

アイルランド人

 

どこの人を意味するのか?

センシティブな話です。

ちなみに、

イギリスのパスポートの1ページ目には、英語、ウェールズ語、スコットランド・ゲール語で正式国名が記載されているそうですよ。

(各国名由来は、Wikipedia、大使館HPなどを参考にしています)

【無料!音声ミニレッスン!】〈カタカナ英語を伝わる英語に変換する練習〉

英子「結構、呼び方が違うんですね。それに国名って、由来も面白いですね」

舞先生「はい。想いがあって付けている名前ですから、相手に失礼がないようにしたいですよね。きちんと名前を言ってもらえたら、嬉しいと思いますよ。小さなことかもしれませんが、グローバルなコミュニケーションとしては、押えておきたいですね」

英子「はい!相手への敬意になりますね。では、発音の練習をお願いします」

舞先生「やりましょう!

1.The Netherlands ネザーランド
2.Germany  ジャーマニー
3.Greece グリース
4.Switzerland スウィツァランド
5.England イングランド

次は、文で練習しましょう!

練習するのにちょうどよい文章のリストアップをお願いします

1.Have you been to the Netherlands.
2.I heard beer in Germany is really good.
3.Soccer is a national sport in England.
4.The Olympics started in Greece.
5.You should go visit Switzerland.

mmm英会話スクールのLINEでは、ペラペラ英語を話すために必要なヒント満載の無料音声ミニレッスンを配信しています!
さらに無料音声ミニレッスンを聞きたい方は、こちらからLINE登録してくださいね!

 

LINE登録はこちらから >> 

 

mmm英会話スクールの無料体験レッスンも大好評!

詳細はこちらへ 

無料体験レッスンはこちらから >> 

まとめ

1. 雑談に強くなるために『木戸に立ち掛けし衣食住』の話題を準備しよう!

2.うっかり間違いやすいカタカナ英語の国名を知って、伝わる英語の練習をしよう!

3.正しい国名を言えることは、グローバルなコミュニケーションの基礎。相手への敬意を表そう!

 

関連記事

  1. Dr.ヤシンの発音矯正道場

    発音ドクターヤシンの英語発音矯正道場

あなたの「人生」を変える英会話! まずは無料体験レッスンから。

無料体験レッスンはこちら

無料体験レッスン

  1. 2020.10.18

    保護中: 英語がペラペラ話せるようになる方法【無料!音声…

  2. 2020.09.02

    英語がペラペラ話せるようになる方法【無料!音声ミニレッス…

  3. 2020.08.30

    生徒さんの声 スパルタ英会話(mmm式)は絶対伸びる!絶…

  4. 2020.08.19

    英語長文練習問題集・読解トレーニング

  5. 2020.06.22

    英語の勉強が続かない人をやる気にさせ継続して学習できる6…

  6. 2020.05.25

    覚えても会話で使えない、英会話で使える英単語の覚え方 英…

  7. 2020.04.20

    海外留学を成功するために留学生活・準備に必要なこととは?…

  8. 2020.03.29

    英会話スクールに通っても英語は話せないと悩んでいるビジネ…

  1. 2020.08.19

    英語長文練習問題集・読解トレーニング

  2. 海外留学

    2018.10.28

    初めてのイギリス海外留学。オックスフォードでのエピソード…

  3. 2018.09.30

    IELTS とは? IELTSの概要と勉強方法や試験の申…

  4. 2018.09.01

    英会話を効率良くマスターするためのコツと勉強法

  5. グループレッスン

    2017.12.10

    英会話スクールmmmのグループレッスンが大人気の理由はコ…

  6. 英語資格試験

    2017.07.06

    IELTS徹底攻略ガイド|申し込みから効果的な勉強・対策…

  7. 2017.07.02

    どの英語試験を受けるべきか?目的別英語の試験の選び方

  8. My first step in Japan.

    2017.05.19

    モロッコから日本に永住して気づいたこと、驚いたこと。日本…

Top