英語レベルはそのままでも、もっと英会話が弾んで伝わる方法はありませんか? 初級から中級への英会話伸び悩みを解決する 5つのステップ

英語を話せるようになりたい!と英会話学習を頑張っているあなた!

「頑張って英語の勉強をして、少し英会話ができるようになったのに、伝わっている感じがしない」
と悩んでいませんか?

このブログでは
英会話が初級から中級へ伸び悩んでいるなぁと思っているあなたへ、

1.英語で話しているのに、上手く伝わらない原因
2.英語を話すときに持つべき心構え
3.伝わる英語のトレーニング5つのステップ

をご紹介します。

これを読めば、

・英語レベルはそのままでも、より英語で伝わるようになる
・英語で雑談するのが、楽しくなる
・英会話の伸び悩みが解消する

でしょう!

英語で話しているのに、上手く伝わらない原因

「少し英会話ができるようになったのに、伝わっている感じがしない」

と思っているあなた。
英語の勉強で、伸び悩んでいると感じているかもしれませんね。

あなたの話が伝わっていないと感じるのは、どんなときでしょうか?

もしかしたら、

・相手の表情が曇っている
・相手が返事をするまでに、微妙な間がある
・相手が、ありきたりなあいづちを打つだけ
・相手が内容を深めるような質問をしない
・話が広がらない

ときかもしれませんね。

自分から勇気を出して話したのに、盛り上がらないと雑談恐怖症になってしまいそう(涙)

実は、英語のネイティブと話していると、たまに以下のようなことを言われて、ドキッとすることがあります。

I know what you are saying but I don’t understand what you mean.

直訳すると
「私はあなたが言っていることはわかりますが、あなたが何を意図しているのかわかりません」

日本語の会話(名古屋弁)で言ったら、

「言ってることはわかるけど、意味がよくわからん」

「話がみえん」

「なんとなくわかるけど、どうしたいかがわからん」

「要は何が言いたいの?」

こんな感じかもしれません。

もし日本人間の会話で、直訳の日本語の通り言われたら、キツイ言い方だなぁ~とドキッと感じるかもしれません。日本語の会話バージョンでも、ちょっとドギマギするかもしれませんね。

ところが、英語での会話では普通に使っています。失礼でもありませんし、相手がイラっとして言っているのでもありません。

日本語での身近な会話でもたまにありませんか?

新入社員さんが焦って話しているときに、報告なのか、連絡なのか、判断を求めているのか、最初に言ってほしいと、上司や先輩であるあなたは、ときどき思いませんか?

お友達がびっくりすぎて興奮して話しているとき、出来事を前後して話していて、状況が分かりにくいかもしれません。

おばあちゃんと話しているとき、おばあちゃんが事細かに話し過ぎて、何を話したいと思っているのか逆に分かりにくいかも。

日本語と英語でも、近いことが起こります。
なぜならば、
日本語より英語の方が、よりロジカルな言語だから!

あなたが、新入社員さんやお友達やおばあちゃんに思ったように、
英語ネイティブは「ちょっとわかりづらいな」と思っていることがあるのです。

英会話が伝わっている感じがしない理由は、

あなたの英語自体が下手なのではなく、発音が聞き取りづらいのでもなく、文法が間違っているのでもなく、

単に、

『ネイティブが理解しやすいロジカルな英語でないから』

かもしれません!

英語を話すときに持つべき心構え

なぜ、英語ではよりロジカルに話す必要があるのかを、マインド(心構え)の面からみてみましょう。

日本人がコミュニケーションにおいて大切にしていることのひとつは、

『相手に失礼がないようにすること』

です。

言い方や態度だけでなく、

相手の願いが叶えられないこと

相手の意に沿えないこと

も失礼に感じるようです。

ですから、相手とは違う意見を持っているとなかなか言いづらいのも、失礼に当たるのでは?と感じるからなのです。

また、日本語はあいまいだとも言われます。

相手に会話の理解を委ねすぎるとも言われているそうです。

「一文ではあいまいでも、話の流れとか、全体の中での意味合いとか、その場の空気とかで分かるでしょ?」

無意識に思っているクセがあるようです。

英語ではこれは、一切通用しません!

流れも、意味も、空気も言葉にしなければなりません。

ここが、日本人マインドのまま、英語を話しても通じない原因となるのです。

一方、英語ネイティブの多くが大切にしていることは、

『理解し合うこと』

です。

分かり合っていないことをそのままにいておいて、解決しないことの方が、よくないことと感じるようです。

ですから、上記の

I know what you are saying but I don’t understand what you mean.

直訳すると

「私はあなたが言っていることはわかりますが、あなたが何を意図しているのかわかりません」

も、あなたを理解したという気持ちの表れなので、失礼に当たらないのです。

英語でより相手に伝わるように話すためには、

日本人マインドの無意識クセに注意して英語を話す必要があります。

英語でロジックに話すコツを教えて!

では、日本人マインドの無意識クセをどうしたら修正できるでしょうか?

英語ネイティブは、日本人より、よりロジカルに話しています。

そのロジックの「型」を知って、「型」に当てはめながら英語を話すことをお勧めします。「型」は以下の英語ロジカル方程式です。

~英語ロジカル方程式~

① まず、意見または事実を言う  I think
② 次に、理由を言う  Because
③ できれば、事例または詳細を言う  For example
④ 最後に、結論または提案を言う  So

この順番に英文を構成して話すと、ロジックに話すことができます。

I think

Because

For example

So

を出だしにつけると、組み立てやすいですよ。

加えて、シンプルであることも大切です。

「英語が上手く構文に組み立てられない」
「気がついたら、主語のボリュームが大きい文章になってしまう」
「伝えたい要素が色々あると、どうつなげていいのか分からなくなる」など

と思っていらっしゃるとしたら、
言いたいことを盛り込みすぎです。必要最低限の内容だけにしてみましょう。

また、話したい内容を分解してみるのもよいですよ。
話したいこと、持っている情報を1文で言う必要はありません。

1文ではなく、2文、3文に分けて言うことにはメリットがあります。

「それは、いつ?」「誰と?」「どうやって?」と相手が質問できるようになります。そうすれば、会話のラリーができますね。

ロジックかつシンプル を目指していきましょう!

伝わる英語のトレーニング5つのステップ

それでは、ロジック&シンプルに英語を話すようになるトレーニング方法をお教えしましょう!

ステップ1

日本語で話す内容を決める

英語学習の本の中には、「英会話の上達のためには、日本語で考えず、英語で考えよう」と書いてあるものもあります。

中級以上のあなたは、そういう練習が役立つでしょう。

初級の方は、まずは日本語で言うことを考えるところから始めてよいですよ。

英会話で困ることのひとつは

「その質問。日本語でも考えたことなかったから、そもそも意見がない!」

ということが多くありませんか?

まずは、日本語で話すことを決めましょう!

ステップ2

話を余分な内容を削って、シンプルにする

例えば、

「昨日、名古屋の栄にある、焼き肉屋さんに、名物の美味しいステーキを家族で食べに行きました。安くて美味しくて、私のお気に入りのお店です」

よくある会話の一文です。

必要最低限の内容にシンプルにしてみましょう。

昨日、名古屋の栄にある焼き肉屋さんに、名物の美味しいステーキを家族で食べに行きました。安くて美味しくて、私のお気に入りのお店です

→昨日、焼肉屋さんにステーキを家族で食べに行きました

ステップ3

話したいことを分解する

話したい内容をいくつかに区切って、分けてみましょう。

例えば、

「昨日、名古屋の栄にある、焼き肉屋さんに、名物の美味しいステーキを家族で食べに行きました。安くて美味しくて、私のお気に入りのお店です」

を分解してみましょう。

→昨日、焼肉屋さんにステーキを食べに行きました
→家族で行きました
→その焼肉屋さんは、名古屋の栄にあります
→名物は、ステーキです
→安くて美味しいです
→その焼肉屋さんは、私のお気に入りです

例えば、6つに分けられますね。

このくらいになれば、英語でも言いやすくなるでしょう。

また、短く話すと、

→昨日、焼肉屋さんにステーキを食べに行きました
➡誰と言ったの?

→家族で行きました。
➡初めて行ったの?

→その焼肉屋さんは、私のお気に入りです
➡どこにあるの?

→その焼肉屋さんは、名古屋の栄にあります
➡何がおすすめなの?

→そこの名物は、ステーキです
➡どんなお店なの?

安くて美味しいお店です

と、相手が知りたいことを質問してくれるでしょう。そうすると、会話が弾みますね!

ステップ4

英語ロジカル方程式に当てはめる

① まず、意見(事実)を言う  I think
② 次に、理由を言う  Because
③ できれば、事例(詳細)を言う  For example
④ 最後に、結論(提案)を言う  So

「昨日、名古屋の栄にある、焼き肉屋さんに、名物の美味しいステーキを家族で食べに行きました。安くて美味しくて、私のお気に入りのお店です」

→昨日、焼肉屋さんにステーキを食べに行きました
→家族で行きました
→その焼肉屋さんは、名古屋の栄にあります
→名物は、ステーキです
→安くて美味しいです
→その焼肉屋さんは、私のお気に入りです

を方程式にはめて、少し調整してみます。

① まず、意見(事実)を言う

昨日、焼肉屋さんにステーキを家族で食べに行きました。

② 次に、理由を言う

ステップ1~3で理由が出てなかったら、理由を考えてみましょう!

昨日は私の誕生日だったからです。

③ できれば、事例(詳細)を言う

その店は、安くて美味しいんですよ。

④ 最後に、結論(提案)を言う

よかったら、今度一緒に行きましょう!

このようにステップを踏んで話すことを考えることをお勧めします!

日本語で考えた時に、理由を考えていないことが多いようです。Because に続けて言えることがあるかチェックすると、よりロジカルになるでしょう。

また、内容を分かりやすくシンプルにするために、以下の3つは削りました。

→その焼肉屋さんは、名古屋の栄にあります
→名物は、ステーキです
→その焼肉屋さんは、私のお気に入りです

もったいないようですが、後で質問してくれたときの回答のストックになります。後々、付けくわえてもいいですね。

ステップ5

英文をつくる

最後に英文にしてみましょう。

昨日、焼肉屋さんにステーキを家族で食べに行きました。
昨日は私の誕生日だったからです。
その店は、安くて美味しいんですよ。
よかったら、今度一緒に行きましょう!

I went to a Japanese BBQ restaurant with my family.
because it was my birthday.
The meat there is fresh and delicious,especially the steak.
So, let’s go there together some time!

さらに事例を載せますね。

例1
①意見(事実)
最近プリズンブレイクっていうドラマにハマってるんだよね。
I am into the TV stories “Prison Break” lately.

②理由
すごく面白くて、見出すと止まらないよ。
Because It’s so exciting and I can’t stop watching it!

③事例(詳細)
主人公がイケメンで、めちゃ賢い。
The leading actor is not only cute but so smart.

④結論(提案)
絶対見た方が良いよ!
You should definitely watch it!
英語ロジカル方程式は、質問されたときに特に役立ちます。

例2
「休暇には、いつも何をするの?」
What do you usually do on your vacation?

①意見(事実)
いつもハワイへ旅行に行くよ
I usually go to Hawaii.

②理由
ハワイに行くと、とてもリラックスできるからなんだ
Because I can relax there.

③事例(詳細)
海で泳いだり、プールサイドで本を読んだり、ゆっくり過ごすよ
I enjoy swimming and reading by the swimming pool.

④結論(提案)
ハワイにいつか住みたいと思っているんだ
I really want to live there one day.

例3 靴を買うときに、何を一番重視している?
What are the most important things to consider when you buy shoes?

①意見(事実)
履き心地を一番重視しています
Comfortability is most important.

②理由
私は毎日1時間歩くからです。
Because I walk for about an hour a day.

③事例または詳細
合わない靴で歩いて、足にまめができたことがあります。とても痛くて、家に帰るまで大変でした。
I hurt my foot when I was wearing uncomfortable shoes. It was so hard to walk home.

④結論または提案
だから、見た目よりも履き心地を重視しています。
So, I value comfortability rather than the looks.

最後に

いかがでしたか?

英語ロジカル方程式をぜひ使ってみてください。

何度も試して、英語を話すときは自動的に英語ロジカルで話せるようなクセを付けてください。

英語を話すときは、英語用の脳と英語用のマインドを持った「もうひとりの英語バージョンのあなた」」になりきるといいですよ!

「英語をロジカルに話してみる」を、ぜひ、試してみてくださいね!

〈まとめ〉

1.英語を話すときは、理解し合うことを大事にしよう!
2.英語は、ロジカルに かつ シンプルに話そう!
3.英語ロジカル方程式の当てはめて考えるクセをつけよう!

語学総合アカデミーmmmでは
あなたに合ったさまざまなコースをご用意しております。

短期集中スパルタ英会話コース
3ヶ月の短期間で集中して英会話を身につけるスパルタなコースです。
英会話コース
英会話コース
日常会話からビジネス英会話、資格試験対策まであなたにあったコースをお選びいただけます。
中国語コース
中国語会話コースや中国語検定、HSKコースなど

全コース、対面レッスンとオンラインレッスンを選択いただけます。
まずは体験レッスンにご参加ください